バイトやパートを駆使して効率的に収入を得るには!?

無理なく働いて必要な収入を得るには?

 

働く看護師のバナー

 

現在、日本の医療現場では、ほとんどの病院が医師や看護師の人手不足に悩まされています

 

厳密には地域差があるとはいえ、おおまかには働き手市場であることは間違いありません

 

病院側も運営維持のために働き手を確保しようと間口を広げています。

 

そこで非正規雇用という形態は、
病院側にとっても看護師側にとってもお互いの条件にマッチした雇用形態として、
すっかり定着しているのはご存知の通りでしょう。

 

今後の年齢別人口割合からみても、
このままでは非正規雇用の需要はさらに伸びていくと予想されています。

 

しかし、楽観視ばかりできないのも事実。
そもそも、医療現場に非正規雇用を生み出した背景とはどのようなものがあったのでしょう。

 

 

 

奉仕の精神に甘えてきた運営サイド

看護師は、決して楽な仕事ではありません。

 

人の命に身近に寄り添う職務であることから、
精神的にも肉体的にも掛かる重圧は想像以上でしょう。

 

それでも看護師を目指す人の志の中には、奉仕の精神があります。
奉仕の精神が無くては看護師という職業を選ぶこともなかったでしょう。

 

こんな例があります。

 

「私の祖母は看護師でした。しかし、昔の看護婦は就労形態を選ぶことができず、交代制ではあっても夜勤は当たり前、緊急時には24時間勤務なんてこともあったそうです。」

 

結婚しても出産が遅くなったり、
また『看護婦は離婚しやすい』なんてジンクスもあったそうです。

 

これは大袈裟な例ではないようです。

 

  • 過酷な労働条件
  • 結婚か独身のまま仕事を続けるかの選択
  • 既婚者が現役でいるために出産を先延ばしにしたり、諦めた例
  • 収入面で自立が可能なため、離婚率が高くなる実態(その裏には当時の結婚観が大きく影響している面もあり)

 

雇用側である病院は、長らくこれらのことを見て見ぬふりをしてきました。
その背景には、看護師とはそういうものだという慣習があったのではないでしょうか。

 

やがて看護師たちは立ち上がり、自らの立場や就労環境の改善に乗り出し、
少しずつ働く側の立場や環境を改善してきました。

 

国に届いた看護師たちの「声」は、労働基準法を変えていくことができたのです。

 

 

 

 

 

非正規雇用という働き方

 

3本指をだす看護師のバナー

 

近年の看護師には大きく分けて3つの働き方があります。

 

  • 正規雇用:病院や団体などと継続した雇用契約を結び、原則として生涯に渡り就労
  • 非正規雇用:病院や団体などと一定の条件をもとに、限定的に就労(パートやアルバイトも含まれます)
  • 派遣契約雇用:派遣会社と契約を結び、病院や団体などに派遣されて就労

 

「正社員」と「非正規雇用」の違いについて

 

この中で今、正規雇用の看護師の割合が大きく変化しているのは、
厚生労働省の報告書を見ても明らかとなっています。

 

本来ならば、
一度離職すると給与ベースが初任給レベルになってしまうといわれる看護師の仕事で、
正規雇用を離れて非正規雇用で復帰する理由には以下のことが影響していると思われます。

 

  • 都合の良い時間帯にシフトを入れられる(厚労省調査)
  • 家事や育児、介護などの家庭両立や趣味、学習との両立(厚労省調査)
  • ※生涯を通して働き続ける看護師の絶対数が少ない(日本看護協会分析)

(※)日本看護協会によると、正規雇用で働く看護師が、結婚や出産育児のために離職して再就職するというパターンが多いと分析しています。これは労働条件が正規雇用では、女性のライフサイクルに準じていないことを裏付けているのではないでしょうか。看護師全体で女性が占める割合が93%(2012年厚労省調査)であるにも関わらず!です。

 

以上のことから、非正規雇用という働き方を選ぶ看護師の数は増加傾向にあります。

 

看護師以外の世界でも非正規雇用としての働き方を選ぶ人が増えてきています。
その一例として挙げられるのが、キャバクラ派遣です。
お店のノルマや就業時間を気にすることなく高時給で働けるというメリットがあり、今後も注目を集めていくでしょう。

 

今後の非正規雇用の看護師の需要の見通し

病院や団体などは、看護師の労働基準法の改善により慢性的な人手不足状態に陥っています。

 

以前は1名で賄っていた作業に2名充てなければいけないなど、
単純に人件費のコストが大きくなっているのが事実。

 

そこで、限定的に雇用契約が結べる派遣看護師や非正規雇用の看護師は、
経営的には需要が高まっています

 

しかし、非正規雇用で問われるのは、「となります。

 

  • 離職期間が長いとスキルが追い付いてない
  • 専門性が問われる部署では再教育が必要
  • 希望就業時間が日勤に集中しやすい

 

これでは逆にコスト高になってしまい、医療に対する信頼まで揺らぎかねないので、
採用を見送られてしまうことも。

 

もうひとつ知っておくべきこととして、2009年総務省の労働力調査では、
女性就業者の20人に1人が看護師などの医療関係従事者であることです。

 

非正規雇用で理想の労働環境を手に入れるには
専門的な知識を身に付けたり、離職中のブランクを埋める努力を自己資金で行うことも、
必要となってくるのではないでしょうか。