登録後すぐに仕事が得られるとは限らないので、いくつかの派遣会社に登録するのがベストです。

派遣

 

看護師は正規雇用である正社員以外にも「派遣」という働き方があります。

 

派遣で看護師として働く場合、派遣会社に登録をし、派遣会社が紹介してくれた仕事先で働く事になります。給料は派遣会社から貰う形になります。また、働く期間も決まっている事がほとんどです。
看護師が派遣で働く場合、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?

 

派遣で働く事のメリット

 

派遣で働く場合、働く時間があらかじめ決められているので、家庭や育児などのプライベートな時間をきちんと得る事が出来ます。
万が一残業を頼まれた場合でもその分の時給がきちんと支払われます。定期的に派遣会社との話し合いがもたれる為、職場に何か不満があれば派遣会社に相談する事ができます。 
派遣の場合、パートなどで働くよりもよい時給で働く事が出来ます。

 

長時間働くのであれば正社員と同等かそれ以上の給料を得る事が出来ます。

 

派遣で働く事のデメリット

 

派遣で働く看護師

派遣で働く場合、ほとんどが働く期間を定められています。
そのため同じ職場で一定期間以上働く事が出来ませんし、契約期間終了後は再び職を探さなくてはなりません。派遣の場合、賞与が支払われる事がありません。

 

派遣会社によって一時金が支払われる事があります。働く時間によっては社会保険などがつかない場合があります。
派遣で看護師として長い期間働いたとしても「キャリアアップ」にはつながりません。

 

時給が上がることもほとんどありません。福利厚生は派遣会社の用意しているものに沿うことになり、通勤手当や残業手当以外の手当てが もらえる事はありません。

 

このように派遣で看護師で働く場合、様々なメリットやデメリットが考えられます。

 

派遣会社に登録してもすぐに仕事が得られるとは限らないので、いくつかの派遣会社に登録すると良いでしょう。