自分に合っているのは常勤か非常勤かをよく考えて就職活動を行うようにしましょう。

非正規雇用

 

看護師の雇用には正社員の「常勤」だけで無く、パートや派遣などの「非正規雇用」で働くがあります。非正規雇用
のメリットやデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?

 

非正規雇用のメリット

 

非正規雇用の場合、働く時間が決められているので、それ以外の時間働くことが無い事です。
残業などを頼まれたときにはその分の残業代もしっかりもらえます。
働く時間が決められているので、家庭や子育てなどのプライベートな時間の予定を立てやすくなります。

 

また、正規雇用に比べて休みも取りやすい場合があります。派遣であれば契約期間を過ぎれば他の職場に移動する事も可能です。
派遣の場合、職場に苦情があれば派遣会社を通して伝えてもらう事が出来ます。
派遣であれば派遣会社に沿った福利厚生が得られる場合があります。また、派遣は時給が良い事が多いので、短時間であっても良い金額の月給になる場合があります。

 

非正規雇用のデメリット

 

お金と家のローン

非正規雇用では働く時間が短ければ社会保険を得る事が出来ません。
また、パートの場合、正社員並みの福利厚生が得られるとは限りません。非正規雇用は昇進する事はほとんど無く、良くて少し時給がアップする程度です。

 

派遣の場合、契約期間が定められており、それを過ぎてしまうと職を失う可能性があります。有給休暇は定められていますが、それを越えてんだり早退してしまうと、時給制で働いているのでその分収入がなくなってしまいます。

 

また、非正規雇用には賞与が出される事はありません。勤めている病院や派遣会社によっては一時金が出されている場合があります。
非正規雇用であるとローン会社によりローンを組みにくい場合があります。

 

このように非正規雇用で働く際にはメリットデメリットがあります。自分に合っているのは常勤か非常勤かをよく考えて就職活動を行うようにしましょう。