子育て世代がリーダーや同僚にいると、融通が利いたり、同じ悩みや辛さを理解し合えます。

育児に理解のある職場を探すには

 

人差し指を出す女性のバナー

 

結婚したら(する前だとしても)、
子供を育てる母親に対して理解のある職場であるかどうかは、
家庭との両立のしやすさに大きく関わってきます。

 

独身の内は理解できないことも、自分が出産してみて納得することもたくさん。

 

育児がしやすい職場は、女性が働きやすい職場でもあります。

 

そんな職場を探す時のポイントをまとめてみました。

 

 

理解と融通

育児と両立させやすい職場には、どのような特徴があるのでしょうか。
就職をする前に、押さえておきたいポイント。

 

 

シフトの融通が利く

 

これは、子供が小さいうちは急な発熱や体調不良で、
不本意ではあっても仕事を休まなければならないことがあるため

 

そんな時にシフトの融通が利く職場であれば、
申し訳ないという気持ちは残っても仕事を休むことができます

 

母親として一番辛いのは、体調を崩している子供の側にいてあげられないという環境
信頼できる誰かに預けられたとしても、仕事にも身が入らなくなってしまうものです。

 

 

 

定時出勤、定時退社ができる

 

1日のスケジュールが立てやすいのは、子育てや家事との両立をする上でとても大切。

 

納得の上での早出や残業ならばいいのですが、
無言の圧力による残業が続くような職場では、精神的にも長く働くことが難しくなるでしょう。

 

子供のお迎えの時間や電車やバスの運行時間など、
自分以外の社会は定時で動いていることを痛感させられます。

 

 

 

託児所がある病院や施設を選ぶ

 

育児に対して理解ある職場は増えてきているので、院内に託児所がある病院だと安心ですよね。

 

けれど、現実はそのような病院は多くの病床があったり、
急性期病院で時間に振り回される職場だったりすることも。

 

また、地域差も見られるようです。

 

 

 

子育て世代がリーダーにいる

 

近年では役職クラスに子育て経験者や現役子育て世代がいると、
いざという時の融通を利かせてもらえることが多いようです。

 

ただし、要注意なのはそのリーダーの方針です。

 

中にはまだ旧態然として、「子供がいるからって仕事に穴をあけるのは失格!」という人も。
見極めが難しいところですね。

 

 

 

同世代が多い

 

できれば同じくらいの子供を持つ人が、同僚に複数人いるような職場は理想的だといえます。
同じ悩みや辛さを理解し合えるので、
自然とフォローやサポートを「お互いさま」としてできるからです。