パートやアルバイト、派遣は、勤務時間や社会保険、育児休業、給料に違いがあります。

パート・アルバイト・派遣の違い

 

微笑む女性のバナー

 

世の中には、短期労働提供者の呼び名がいくつかあります。

 

その一例が、派遣、パート、アルバイト。

 

これらはどう違うのか、もう一度おさらいしておきましょう。

 

昔は看護師の業務には無関係だったパートやアルバイトや派遣は、
今やとても身近なものになっていますよね。

 

 

 

非常勤(非正規雇用)と派遣

「あなたは学生時代にアルバイトをしたことがありますか?」
「あなたは学生時代にパートタイマーとして働いたことがありますか?」

 

こう質問されると考え込んでしまいますよね。
パート、アルバイト、派遣は、何が違うのでしょう。

 

 

雇用者の違い

アルバイト、パート

病院や団体と直接雇用契約を結んでいる。

パートとアルバイトの違いは、雇用側が便宜上呼び分けているだけで、どちらも非常勤(非正規雇用)看護師であることに変わりがありません。

派遣

人材派遣会社に登録して病院や団体に派遣されて働いている。

病院や団体と契約している派遣会社から雇用側のリクエストに応じて派遣される派遣看護師です。

 

 

勤務時間の違い

アルバイト、パート

雇用側と交わした契約の範囲内で出社退社ができる。

派遣

派遣会社と交わした契約の範囲内で出社退社ができる。

 

 

社会保険

アルバイト、パート

労働時間によって加入の是非が決まる。

派遣

登録した派遣会社の社会保険に加入できる。

 

 

育児休業

アルバイト、パート

労働法が定める一定の基準を満たせば取得できる。

派遣

労働法が定める一定の基準を満たせば取得できる。

 

 

夜勤や残業

アルバイト、パート

辞退することができる。

派遣

派遣会社との契約事項に則るので、「日勤希望」や「残業なし」などの条件はあらかじめ会社と締結される。

 

 

給料

アルバイト、パート

一般的に派遣よりも低い。

派遣

一般的にアルバイトやパートよりも高い。

 

 

 

 

 

アルバイトやパートと派遣の大きな違い

アルバイトやパートと派遣では、
雇用主が違うだけで大きな差がないように見られますが、大きな違いが2つあります。

 

 

その1:時給(日給)が違う

 

専門知識があり、即戦力と見なされる派遣看護師は、
アルバイトやパートと比べると高額な収入になるようです。

 

 

その2:常勤(正規雇用)への転身が違う

 

直接雇用主である病院や団体と雇用契約を結んでいるアルバイトやパートは、
常勤看護師へのリターンがスムーズに進みます。

 

一方、派遣の場合は、在籍している派遣会社との契約期間や取り決めなどが優先されるため、
時間が必要になることがあります。

 

 

この2つの差をどう考えるかは、あなた次第でしょう。