子供にいかに負担をかけずに仕事ができるか、家族で定期的に話し合い、協力し合うことが必要です。

手のかからない子供がいる人の働き方

 

ある程度手がかからなくなった子供、といってもかなり年齢幅が大きいですよね。
「小学校」に入れば手がかからないのか、「中学生」が手がかからないのか、人によって考え方は様々です。

 

しかし「義務教育」の子供である以上、親のサポートが必ず必要になってくるものです。

 

そのような子供のいる看護師はどのような働き方をすればよいのでしょうか?

 

院内保育が使えない

ハート

大きな病院には「院内保育園」があり、夜勤などの勤務の場合でも病院で預かってもらう事が出来ます。
しかし小学校に入学してしまうと院内保育園は使用できません。

 

小学生の場合、学校が終わった後は「学童保育」などを利用するのが一般的です。
学童保育は所によりますが、遅くても9時くらいまでの預かりになります。家で子供の面倒を見てくれる人が居ない場合、夜勤をし続けるのは難しくなります。
家族と話し合い、自分の夜勤の場合子供をどうするか良く話し合いましょう。

 

保育園と小学校の違い

小学校に入ると平日に授業参観や個人面談などが発生します。また家庭訪問なども発生します。PTA役員などに就かなくてはならない事もあります。
その場合、職場で休みを取れる様に調整しなくてはなりません。また、保育園のときとは違った子供への精神的サポートも大事な時期です。

 

中学生になったら

中学生になると「部活動」が始まる為、学童保育に預けなくても帰宅時間が遅くなります。
塾や習い事をしているのであれば在宅する時間がもっと遅くなる場合もあります。

 

しかし、思春期の時期になるので、親がしっかりしていないと非行などに走りやすい年代でもあります。

 

どんな年代の子供であれ、「未成年」であれば必ず「親の責任」を取らなくてはいけません。
子供にいかに負担をかけずに仕事ができるか、家族で定期的に話し合いをする事が大事です。